Apple製品関連

iPad Pro用にダイソーでタッチペンを買った

今年に入ってiPad Proを買ったのでせっかくだからお絵かきしてみたい。

でもApple Pencilは高いし、私の場合そんなに使用頻度も高くない気がする。

だから買うのは勿体ない気がする。

100均でもタッチペンを売っているらしいからそれでもいいのではと調べた結果、100円のわりには意外と使えるらしい。

ボールペンつきダイソーのタッチペン

というわけで、ダイソーのタッチペンを購入。

私のiPad ProはApple Pencil 第1世代対応なので1万円ほどするところを110円で済みました。

シンプルなデザインのものを選びました。

タッチペンの反対側がボールペンになっているものが多いようです。

ボールペンのインク色は黒で太さは0.5mm。

ボールペンはいらないんだけどな…まあいいか。

買ったのはボディがグレーっぽいようなシルバーっぽいような色です。

他にはゴールドっぽい色がありました。

↑シンプルで普通のボールペンみたいです

↑ボールペン側にポケットなどにかけるクリップがついています

↑ボールペン側

書き味は思ったより良かったです。

普通に書けます。

むしろサラサラ書けます。

だけど使うことはなさそう。

円盤みたいなペン先で書けるの?

↑タッチペン側

タッチペンのペン先はこのように円盤になっていて不思議な感じ。

円盤ついててどうやって書くのって思いました。

では、iPadの「メモ帳」で書いてみましょう。

お、普通にタッチできる!

この円盤、ぐりぐりと回転するようになっていました。

(そりゃそうですよね、可動式じゃないと直角に持ったままでしか書けないですよね。)

とりあえず、ぐるぐる〜と書いてみました。

ゆっくり書けば遅延なく書けます。

速く書いたら少し遅れたり、反応しなかったります。

ちょっとイラッとするかも。

Apple Pencilを使ったことがないから比較ができないのが残念ですが、きっとApple Pencilだとサラサラ書けるんだろうなあ。

字を書いてみました。

意外と字が下手だったことに初めて気づいた瞬間でした。

指でタッチして書くよりはうまく書けます。(これでも)

指では書けないぐらい小さい字に挑戦してみました。

指よりは小さい字が書けます。

そこは利点かもしれません。

だけど手の下に紙とかなにか敷かないと画面が反応してしまいます。

反応しないようにと、手に変に力が入って書きにくい…。

慣れたら大丈夫なんだろうか。

ネットを見るときにタッチペンを使ってみました。

細かな部分もタッチしやすいのが良いです。

しかしわざわざタッチペンを使わなくてもいいかな。

iPhone7でも使えました

字の汚さに加え、絵心のなさまで露呈することになりました。

小さい画面にタッチペンで書くのって疲れるから私はiPhoneで使うことはなさそうです。

本題のお絵かきをしてみた

今回タッチペンを買った最大の目的の、iPad Proでお絵かきをしてみました。

ブログのアイコンを描きたかったんですよね。

とりあえず描けましたが、うーん、なんだかなあ。

のちのち、プロのイラストレーターさんにお願いして描いてもらうかもしれません。

まあ100均のタッチペンでも、これぐらいの簡単な線の、らくがき程度のものはできるよってことがわかりました。

もちろんガッツリ文字を書いたりイラストを描く方には不向きです。

大人しくApple Pencilを買った方が良いと思います。

私は普段、絵を描くことはないので高級なApple Pencilを買っても出番があるかわからないので100均のタッチペンでもいいかも。

だってこのイラストを描いてからは一度も使ってない(笑)

「iPadでタッチペンを使ってお絵かきしてみたい」という欲は満たされたので良かったです。